So-net無料ブログ作成

商店街暴走事件 脱法ハーブ吸引に「危険運転」適用 [事件・事故]

大阪市福島区の商店街で今月6日、乗用車が暴走し、女性がひき逃げされる事件が
起こりました。
自動車運転過失傷害などの容疑で逮捕された小泉武容疑者は、「運転しながら脱法
ハーブを吸った」と供述しており、大阪府警は、より罰則の重い危険運転致傷容疑に
切り替えて大阪地検に送検したとのこと。脱法ハーブの吸引で同容疑を適用するのは
異例のことだそうです。(ちなみに、危険運転致傷罪の法定刑は最高懲役15年、自動
車運転過失傷害罪は7年)

また、小泉容疑者の自宅から押収した植物片を鑑定した結果、大麻が含まれていた
ことも判明しており、府警は近く大麻取締法違反(所持)容疑で再逮捕する方針だそう
です。

最近、無責任なドライバーによる事件・事故が続いていますね。
「ぼーっとしていた」「居眠りしていた」「脱法ハーブを吸っていて普通の精神状態では
なかった」などの供述には絶句……無免許運転ともなるともう論外です。
ハンドルを握るということは、「凶器」を操ることだという自覚が足りないのでしょうね。

今回、小泉容疑者が興奮や幻覚などの作用がある薬物を混ぜた脱法ハーブを吸引し
た影響で、正常な運転が困難なまま車を走らせていたと判断され、「危険運転」が適
用されるとのことですが、今後、もっと適用の幅が広がることを期待したいです。
私の感覚では、飲酒・薬物運転だけでなく、無免許運転も、運転中に居眠りするのも、
考え事をしてぼーっとするのも、間違いなく「危険運転」ですから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。