So-net無料ブログ作成

Cocteau Twins/Stars and Topsoil: a Collection 1982-1990(コクトー・ツインズ) [音楽]

主人と私は概ね音楽の趣味が合うのですが、私のお気に入りのCocteau Twins(コクトー・
ツインズ)の作品の一部は主人が苦手としています。そして、その中には私の最も好きな曲
「Aikea-Guinea」(1985年リリースのベスト盤『The Pink Opaque』収録分)があるのです。
(良い曲だとは思うそうですが、隙間の無い窮屈なサウンドが苦手だったところへ、私があま
りにもヘビロテするもので、ますます苦手になったとのこと。。。)

ところが、幸いにも2000年にリリースされたコンピレーション・アルバム『Stars and Topsoil』
に収録の「Aikea-Guinea」は、主人も大丈夫なようです。それどころか、このアルバムを痛く
気に入り、「コクトー・ツインズってこんなに良かったかな」などと申しております。

『Stars and Topsoil』は、1982年~1990年にリリースされた4AD在籍時のコクトー・ツインズ
の音源からバンド自ら18トラックを選び、時系列順に並べたベスト盤です。メンバーのロビン・
ガスリーがリマスタリングを手掛けており、特に初期の楽曲にその効果は顕著で、全体的に
音がクリアになり、主人流に表現すると、洗練されて耳心地良い感じに仕上がっています。
実は、「Aikea-Guinea」のリマスター・ヴァージョンを聴きたくてこのアルバムを入手したところ、
思いがけず、「Sugar Hiccup」と「Pearly-Dewdrops'Drops」にも感動しております。
特に「Sugar Hiccup」は、オリジナルよりもこのリマスターのほうが格段に好きです。

私は「Aikea-Guinea」「Sugar Hiccup」「Pearly-Dewdrops'Drops」を中心にリピートすることが
多いのですが、アルバム全体を通して聴いても、そこそこ満足できる一枚だろうと思います。
1曲目の「Blind Dumb Deaf」以外は比較的キャッチーでポップな楽曲が続くので、コクトーズ・
ファン以外にもなかなか評判が良く、来客時のBGMとしても重宝します。
ただ……アルバム『Treasure』(1984)からは「Aloysius」を選曲して欲しかった。。。

ところで、このアルバムに収録されている「Aikea-Guinea」はEP『Aikea-Guinea』(1985)から
の選曲で、『The Pink Opaque』に収録の同タイトル曲とはヴァージョンが違うようです。
このEPヴァージョンのリマスターも嫌いではないものの、少々すっきりし過ぎて物足りなく感じ
られる時もあり、やはり『The Pink Opaque』収録ヴァージョンのほうが私の好みです。

P1001399.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。